マイグレーションツール(開発中)

概要

富士通オフコン(PRIMERGY 6000シリーズ、FUJITSU Cloud Service forオフコン)からのマイグレーションをご検討中のお客様へ向けて変換ツールの開発を行っております。 富士通オフコンで運用していた資産をWindowsで運用するために資産を変換できるツールです。

ASP Asset Analyzerで資産整理した結果をもとに、COBOL・CL・メニュー・ファイルこれらをマイグレーション変換ツールを使用してWindowsで運用できる形にお客様ご自身で変換が可能となります。 すべてが自動変換されるものではなく手動による変換が必要な場合がありますが、マイグレーションに掛かるコスト・期間が短縮されます。

マイグレーションするにあたり

事前検討事項

データベースの選択
「Microsoft SQLServer」または「Oracle Database」rのどちらかを選択します。

データベース認証機能の方法
プログラムからデータベースを認証する場合の認証方法をOS(Windows)認証またはデータベース認証のどちらかを選択します。
データベース認証の場合、プログラムの修正に影響があります。

ファイルのマルチレイアウトの有無
マルチレイアウトのファイルを使用している場合、ファイルの変更方法によってプログラムの修正、データ移行に影響があります。

マージファイル/ジョインファイルの有無
参照だけであれば問題はありませんが更新する場合テーブルの変更が必要です。テーブルの変更に伴いプログラムの修正に影響があります。

VLD(論理宛先)の使用
VLDを使用している場合、当社製品WinVLDに対応したプログラムの修正が必要となります。

必要ソフトウェア

FUJITSU Software NetCOBOL
今後の運用方法をクライアント運用かサーバ運用かを考慮した上で開発パッケージ/運用パッケージを手配

FUJITSU Software PowerRDconnector for NetCOBOL
COBOL Gのプログラム中のI/O命令(READ/WRITE等)をそのまま利用できるツールです。

データベース
FUJITSU Software PowerRDconnector for NetCOBOL がサポートしている「Microsoft SQLServer」または「Oracle Database」のどちらかを選択します。

FUJITSU Software PowerSORT
COBOLソース中でSORT処理を使用している場合、またはCLでSORT処理を使用している場合必要です。

FUJITSU Software DP/Cライブラリ
COBOL Gのプログラム中にSQL文を使用している場合必要です。

マイグレーションツールのイメージ

COBOL変換ツール(仮称)

オフコンのCOBOLをNetCOBOLへ変換します。

  • 現在稼働しているオフコンのCOBOLプログラムをWindowsのNetCOBOLへ単純変換します。
  • COBOL Gの機能のうちNetCOBOLが対応していない(非互換)部分や機械的に判断が難しい部分についてはお客様自身で判断および修正をお願いします。
  • VLD(論理宛先)を使用している場合は当社製品「WinVLD」に対応した変換を行います。
  • DISPLAYメッセージは当社製品「COBOLビューアー」を利用しK端末エミュレーターに近い形で表示します。
  • 変換したプログラムについてはNetCOBOL Studioプロジェクトまで作成します。
  • DPS/DHS/QWE等の簡易プログラムについては変換対象外です。

CL変換ツール(仮称)

オフコンのCLソースをWindowsのバッチファイルへ変換します。

  • システムコマンド等、変換ができない部分についてはお客様自身で判断および修正をお願いします。

メニュー変換ツール(仮称)

オフコンのメニューをオフコンの操作感に近い形でWindows用(当社製品 ASPメニュー)に変換します。

  • メニューに記述されている起動コマンドのうちシステムコマンド等、変換ができない部分についてはお客様自身で判断および修正をお願いします。

ファイル移行ツール(仮称)

ファイル移行ツールにはデータベースのテーブルを作成する「テーブル作成ツール」と「移行データ作成ツール」の2つの機能があります。

テーブル作成ツール
  • オフコンで使用しているファイル定義体をもとにテーブルを作成するSQL文を作成します。
  • 物理ファイルはテーブル、論理ファイルはビューを作成します。
移行データ作成ツール
  • オフコンのデータを新たに作成するデータベースへ移行するデータを作成します。
  • 移行データは、CSV形式またはデータを挿入するSQL文の作成が選択できます。

拡張漢字調査ツール(仮称)

オフコンで使用している拡張漢字はWindowsでは変換できないものが多く、それらがプログラムソースやデータに存在しているとうまく変換できないことがあります。

  • マイグレーション対象となる原始テキスト内に含まれる拡張漢字を提示します。
  • 変換テーブルや利用者定義文字(外字)の作成はお客様ご自身で判断および修正をお願いします。