コンソールビューアー

コンソールビューアーとは

NetCOBOLプログラム実行時に出力されたメッセージをオフコンのログと同じように確認できるツールです。

概要

NetCOBOLのプログラムを実行するとコンソール画面はプログラム単位に起動されます。 1つのプログラムが終了するとコンソール画面も閉じてしまうのでログの確認が容易ではありません。 コンソールビューアーを起動したままNetCOBOLのプログラムを実行するとオフコンのコンソールのようにメッセージを確認できます。 また、コンソールビューアーを閉じてしまっても 「COBOLイベントビューアー」で過去のログ(NetCOBOLプログラムで出力したメッセージ)が確認できます。

  • NetCOBOLのプログラムの修正は不要、実行環境情報(COBOL85.CBR)を修正するだけです。
  • NetCOBOLのDISPLAY命令で出力したメッセージをオフコンと同様に管理できます。
  • メッセージの出力は警告メッセージ、エラーメッセージ等で色を分けて表示できます。