弊社製品・サービスの紹介にお客様のもとへお伺いします。

今後のオフコン使用継続に向けて… 将来の運用をサポートします

オフコンの新しい活用の仕方

富士通製オフコン「PRIMERGY 6000シリーズ/FUJITSU Cloud Service for オフコン」をお使いのお客様へ、今後の活用方法をサポートします。

今までの入力画面を新しく…

  • 弊社ツール『ASPアクセスツール』を利用し、ファイル環境はASPオフコンのRDBを直接更新/参照しますので新しくデータベースの構築は不要です。
  • 現在K端末エミュレーターまたはWebjetで入力している画面をWindowsやタブレットで入力できるHtml形式へ変換します。
  • ASPオフコンで使用している画面定義体はタブレットで使用できるHtml形式へ変換しますので新たに画面の設計・作成は不要です。
  • タブレットで入力できるため、K端末エミュレーターがない外出先からも使用可能になります。

詳しくはNetCOBOL変換〔画面〕サービス紹介ページをご覧ください。


煩雑なオフコン資産を…

オフコンを使い続けるために後継者の育成が必要となります。 システムの引継ぎを行うために、資産を整理し必要資産を把握することが必要ですが 膨大な資産の中から現在運用している資産を洗い出すことは容易ではありません。 『出張解析サービス』でお客様の資産整理をお手伝いします。

  • 弊社担当者がお客様のもとへ出向きオフコン資産を全て解析します。(資産をお送りいただく必要はありません)
  • 解析した結果の確認方法を実際のデータを使用して説明します。
  • メニューや実行形式プログラムを元に使用している定義体や登録集がわかります。
  • 重複するメンバが一目でわかりますので、有効な資産を簡単に探せます。

詳しくは出張解析サービス紹介ページをご覧ください。


ASPworksⅡの利用でオフコンを使いやすく

ASPworksⅡの導入でオフコンの操作性が向上します。 ASPworksⅡではシステム開発者だけでなく現場担当者にもお使いいただけます。 使う部署に合わせて使用できるライブラリを分けることができるので誤って資産を修正してしまうことがありません。

  • 資産はオフコンのままWindowsで操作可能
  • コマンドがわからなくても必要な操作はメニューに準備
  • データ連携はノンプログラミングで簡単
  • 後継者の育成にも有効

詳しくはASPworksⅡ紹介ページをご覧ください。


FFD-Viewを利用してどこでもデータ確認

FFD-View はオフコンのファイル内容を参照するWebページを簡単に生成するためのアプリケーションです。 一度 Webページを生成しておけば、パソコンはもちろんのことスマートデバイスからも Webブラウザを通してアクセスできます。 例えば取引先で在庫数の確認が必要な場合にスマートフォンを使って情報を確認するようなシーンに威力を発揮します。

  • プログラミング不要!
  • 簡単なGUIでオフコンのファイル内容を確認するWebページを作成
  • 作成したWebページは iPhone / Android 等のスマートデバイスで利用可能

詳しくはFFD-View紹介ページをご覧ください。


外部媒体を使用しない定期バックアップ

  • 退避する資産を選択するだけでタスクスケジューラー等で使用できるバッチファイルを作成
  • 退避するフォルダはサーバ・パソコン等自由に選択可能
  • どなたでも無償で使用できるフリー版を提供

詳しくはバックアップツールフリー版紹介ページをご覧ください。


お客様のニーズに合わせたシステムづくり

弊社製品を有効利用したシステムづくりができないか、とお客様からのご相談が増えています。 お客様のシステムに合わせた受託サービスを承ります。

詳しくは受託サービス紹介ページをご覧ください。


COBOLの後継者の育成に

近年、オフコン担当者の高齢化に伴い少しずつ若手の育成が進められています。 COBOLに関しては実業務の中で覚えられた方もいらっしゃいますが まずはCOBOLの基礎学習をお手伝いできれば…と思いCOBOL Gの初心者向け教育サービスを開始しました。

詳しくはCOBOL教育サービス紹介ページをご覧ください。