マイグレーションしませんか?

変換から運用までサポートします

Windowsでの運用をめざして

今後のシステムをWindowsでの稼働に向けて検討中のお客様、移行・運用方法をサポートします。

現在のオフコンCOBOL資産の基本仕様はそのままWindows NetCOBOL資産へ移行します。

  • COBOL G のプログラムを NetCOBOL へ変換します。
  • メニューはコンピュータ・サービス独自の形に変換します。
  • データベースは、オフコンのRDBからWindowsのデータベース(Oracle/SQLServerのいずれか)へ移行します。 NetCOBOLのファイルアクセス(READ/WRITE等)はPowerRDBConnectorを使用しますのでそのまま入出力命令が記述できます。
  • CLはWindowsのバッチファイルへ変換します。
  • 変換したプログラムについてはWindows実行環境まで生成します。

オフコン資産をWindowsへ移行した場合に、オフコンのイメージに近い形で使用できる製品を準備しています。

  • COBOLメッセージビューアー
  • COBOLメッセージビューアーには以下の2つの製品があります。

    コンソールビューアー
    NetCOBOLのプログラムを実行時、専用のコンソール画面を使用します。 コンソールビューアーを終了するまでNetCOBOLのプログラムが出力したメッセージを表示します。
    COBOLイベントビューアー
    コンソールビューアーを終了してもNetCOBOLのプログラムが出力したメッセージをいつでも確認できるツールです。 過去のログも確認できます。
  • メニューツール
  • Windowsでシステムを運用する際、メニューの作成が容易ではなく不便を感じられることがあると思います。 このメニューツールは、オフコンのメニューイメージに近い形に変換しますので運用で違和感がありません。

  • WinVLD
  • オフコンのVLD(論理宛先)と同等の機能をWindowsで使用できる製品です。 Windowsのメッセージキュー(MSMQ)サービスを利用してNetCOBOLアプリケーション間の非同期通信をおこないます。

  • NetCOBOL資産管理 ~開発中~
  • NetCOBOLの資産を管理するツールです。Windowsのインデックス機能を利用してNetCOBOLのファイル・文字列等の検索が可能となります。

  • ウィンドウ/プリンタ情報ファイル設定
  • ウィンドウ/プリンタ情報ファイル設定には以下の2つの製品があります。

    ウィンドウ情報ファイル設定
    NetCOBOLで作成した画面プログラムを実行する際、ウィンドウ情報ファイルの設定が必要となります。 本来はテキスト形式で設定項目と設定値を指定しますが このウィンドウ情報ファイル設定を使用すると画面上で設定でき、設定した内容はテキストへ出力しますので設定が簡単です。
    プリンタ情報ファイル設定 ~開発中~
    NetCOBOLで作成した帳票出力プログラムを実行する際、プリンタ情報ファイルの設定が必要となります。 本来はテキスト形式で設定項目と設定値を指定しますが このプリンタ情報ファイル設定を使用するとウィンドウ情報ファイル設定同様画面上で設定でき、設定した内容はテキストへ出力しますので設定が簡単です。

関連製品

  • ASP Asset Analyzer
  • マイグレーションを行う前に移行する必要資産を把握することが必要です。 しかし膨大な資産の中から現在運用している資産を洗い出すことは容易ではありません。 ASP Asset Analyzerは、オフコンの資産をすべて解析できる製品です。