弊社製品・サービスの紹介にお客様のもとへお伺いします。

Windowsでの運用をめざして… 変換から運用までサポートします

Windowsでの運用をめざして

今後のシステムをWindowsでの稼働に向けて検討中のお客様、移行・運用方法をサポートします。

オフコンCOBOL資産をWindows NetCOBOL資産へ変換

現在のオフコンのシステムを基本仕様はそのままNetCOBOLへ移行します。

  • COBOL G のプログラムを NetCOBOL へ変換します。
  • 論理宛先(VLD)を使用しているシステムにも対応します。
  • DPS/DHS/QWE等のプログラムを使用している場合は事前に相談します。
  • メニューはコンピュータ・サービス独自の形に変換します。テキストで管理できるため移行後はお客様でメンテナンスが可能です。
  • データベースは、オフコンのRDBからWindowsのデータベース(Oracle/SQLServerのいずれか)へ移行します。 NetCOBOLのファイルアクセス(READ/WRITE等)はPowerRDBConnectorを使用しますのでそのまま入出力命令が記述できます。
  • CLはWindowsのバッチファイルへ変換します。変換できない機能(システムコマンド等)については事前に相談します。
  • 変換したプログラムについてはWindows実行環境まで生成します。

詳しくはNetCOBOLマイグレーション変換サービス紹介ページをご覧ください。


移行するオフコン資産を…

マイグレーションを行う前に移行する必要資産を把握することが必要です。 しかし膨大な資産の中から現在運用している資産を洗い出すことは容易ではありません。 『出張解析サービス』で資産整理を行ってからマイグレーションすることがコストダウンにもつながります。

  • 弊社担当者がお客様のもとへ出向きオフコン資産を全て解析します。(資産をお送りいただく必要はありません)
  • 解析した結果の確認方法を実際のデータを使用して説明します。
  • メニューや実行形式プログラムを元に使用している定義体や登録集がわかります。
  • 重複するメンバが一目でわかりますので、有効な資産を簡単に探せます。

詳しくは出張解析サービス紹介ページをご覧ください。


NetCOBOLのコンソール画面

NetCOBOLのプログラムを実行するとコンソール画面はプログラム単位に起動されます。 1つのプログラムが終了するとコンソール画面も閉じてしまうのでログの確認が容易ではありません。 NetCOBOLメッセージ表示ツールを起動したままNetCOBOLのプログラムを実行するとオフコンのコンソールのようにメッセージを確認できます。

  • NetCOBOLのDISPLAY命令で出力したメッセージをオフコンと同様に管理
  • NetCOBOLから出力される全てのメッセージをワークステーションログとして管理が可能
  • NetCOBOLのプログラム終了後でもWindowsのイベントログからNetCOBOL関連のログを抽出
  • 抽出したログは検索、テキスト保存が可能

詳しくはNetCOBOLメッセージ表示ツール紹介ページをご覧ください。


Windowsのメニュー作成

Windowsでシステムを運用する際、メニューの作成が容易ではなく不便を感じられることがあると思います。 このWindowsメニュー作成ツールでは、画面の大きさから表示タイトル・起動コマンドまで全てをテキストで記述できますので 新たにWindowsのアプリケーションを習得する必要がありません。

  • オフコンのメニューイメージで作成可能
  • メニューの内容は全てテキストで作成

詳しくはWindowsメニュー作成ツール紹介ページをご覧ください。